社会ニュース - 速報!!『これ知ってます?』

スポンサード リンク

『リクナビ情報掲載料ってこんなに高いの!?掲載企業や学生を食い物にする実態。』

企業が新卒の新入社員募集掲載の依頼をしている「リクナビ」の掲載料って知ってますか??
こんなにかかるなんて、僕は全く知りませんでした。
気になる掲載料と、その実態とは…!?



続きを読む

『タイ空軍の女性兵士がかわいすぎる!!名前は??年齢は??ナタリア・ポクロンスカヤ、ユリア・リプニツカヤ以上。画像有り。』

先日、タイで各国空軍による合同軍事演習が行われ、その様子が公開されたのですが、その中に出てくる女性兵士がかわいすぎると外国のネットユーザーの間で大騒ぎになっているようです
気になる画像は↓↓



続きを読む

『"旧日本軍の従軍慰安婦は自発的な売春!!"韓国ネット上で署名活動が。"慰安婦は志願制の募集""給与は兵士よりはるかに多い"』

これまで何かと取り上げられてきた「旧日本軍の従軍慰安婦問題」ですが、なんと韓国国内から「慰安婦は自発的に売春した女性だ」との声があがっているそうです
あの韓国が…自ら…??
一体何が起こっているのでしょう。



続きを読む

『行き先は外郭団体が過半数。伏魔殿と言われる東京都の天下りの実態。』

これまで問題視され続けてきた「天下り問題」。
この天下り問題も国家公務員への「天下り規制」が出来てからすっかり収まったと思いきや、なんと私たちの知らないところで今も変わらず行われていることが発覚しました。
特に東京都の天下り問題は国より深刻だというデータが出ました。
舛添要一・新知事は一体何をしているのでしょうか…



続きを読む

『STAP細胞・論文捏造の小保方晴子、入院で記者会見キャンセル!?理研側と徹底抗戦が弱気発言も。』

STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑問題で注目を集めている理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)。
一連の問題に関する説明の記者会見はいつ行われるのか…と世界中が注目しているのですが、なんと記者会見がキャンセルになる可能性が出てきました。
小保方氏の代理人によると、なんと彼女、入院!?しようとしているそうです。
一体どういうことなんでしょうか。
まさか体調不良を理由に逃げ切るつもりじゃ…



続きを読む

『このアプリどーなの!?会いたくない人が近づくと警告音を発し逃げ道も教えてくれる。嫌な相手とバッタリが会わなくなる。』

「会いたくない相手とバッタリ合わなくてすむ」
誰しも会いたくない相手というのはいるもの。
元恋人や喧嘩相手・嫌いな人など、会いたくない相手と街中でバッタリ会わなくてすむアプリが開発され、注目を集めています。
一体どんな仕組みなんでしょうか。



続きを読む

『朝鮮総連中央本部の落札者・最福寺の池口恵観法主の本名・正体とは!?小泉・安倍と続く在日朝鮮人の田布施システムとは。』

在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地・建物が競売にかけられた件ですが、第1回の入札で鹿児島県鹿児島市にある最福寺という寺の池口恵観法主(76)という人が45億円余りで落札をしました。
この物件、一体誰が落札するのだろう…と気になって注目していたのですが、お寺が落札するとは予想外でした。
しかしなぜお寺が何の目的で落札したのか気になってしまい、調べてみたところ、驚くべき事実が判明しました。



続きを読む

『日本の調査捕鯨は農林水産省OBの天下り先!!商業捕鯨で経費を賄う。ICJ(国際司法裁判所)により国際捕鯨取締条約違反確定。』

日本が南極海で行っている調査捕鯨の即時中止を求めてオーストラリアが起こしていた訴訟ですが、ICJ(国際司法裁判所)が、「日本の調査捕鯨は科学的ではない」と指摘し、日本は調査捕鯨の中止を命じる判決を言い渡される結果となりました。
この判決を受け、ネット上でも捕鯨に対し"賛成・反対"など様々な意見が出ているようですが、よく調べてみるとこの南極海での調査捕鯨、農水省の天下り利権が深く絡んでいるようです…



続きを読む

『「辞めていいとも??」安倍首相「笑っていいとも!」出演にデモ隊殺到。「ファシスト内閣・再稼働反対」天ぷらだけでなくバラエティ番組出演でも批判を受ける。』

先日21日の「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」で、安倍晋三首相が登場して話題を呼びましたが、会場外では「辞めていいとも!」のプラカードを掲げたデモ隊が押し寄せていたようです…



続きを読む

『佐村河内アプリ「やっぱり耳が聞こえてる?」登場!!そのゲーム内容とは!?「アイチューンズ」「グーグルプレイ」でダウンロード可能。』

佐村河内守.jpg
作曲のゴーストライターを雇って全聾(ろう)であるかのように偽っていた、未だに厳しい批判がやまない“偽ベートーベン”こと佐村河内氏ですが、そんな彼がなんとスマートフォン向けアプリの世界に登場したようです。
こんなアプリ作っていいのか!?



続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。