噂の真実 - 速報!!『これ知ってます?』

スポンサード リンク

『あくびはうつるって本当?? 』

家族や友達があくびをすると、つられてついあくびをしてしまう…
そんな経験ありませんか?


スポンサードリンク





よく昔から「あくびはうつる」って言われてますけど、果たして本当でしょうか。
気になって調べてみると、イタリアにあるピサ大学と認知科学工学研究所というところによって、「あくびによって感情も伝わっているのでないか?」という共同研究が行われたらしいです。

一般的に「あくび」とは、眠気を覚まそうと脳に酸素をより多く送り込むための無意識の行動であったり、ストレスや退屈、疲労などを表すシグナルだったりします。
しかし、研究所のエリザベッタ・パラジさんによると、他人に“うつる”あくびはこれらとはまったく異なっており、より進化した動物がもつ現象と言われ、今のところゲラダヒヒ、チンパンジー、そして人間にしか見られないそうです。
また、犬のような、より認知能力の高い動物には備わっているという仮説もあるそうです。
人間の場合では、他の人があくびをすると5分以内にうつるとされています。

この研究では、イタリア各地の動物園とも共同して行われ、1年以上の間に100人以上の大人、400以上のペアに対して厳密なデータの収集が行われました。
データは、食事中や列車での移動中、仕事中など様々な状況で取られ、イタリアとマダガスカルで行われた調査では、様々な国籍や親密度の組み合わせでのペアについても対象にしたとのことです。
また、あくびの形態(大口を開けたあくびか、あるいはかみ殺すようなあくびか)や、全くの他人や知人、親しい友人・恋人、親族などでも調べられたそうです。

その結果、ピサ大学のイヴァン・ノルシアさんによると「あくびの伝染の有無と頻度は、相手との関係や認識の様相に影響を受けない、つまり、あくびは昼食や仕事といった状況や、あくびを見たり聞いたりといったことでは伝染しない。同様に国籍や年齢、性別なども、あくびの伝染率に影響を与えない」との事がわかりました。

そして伝染にもっとも重要なのは、あくびをする人同士の関係の深さであり、親しい間柄ほどあくびを返してしまう率が高まることもわかりました。
あくびのうつりやすさは、親族、友人、知人、まったくの他人という順です。
また、脳の感情をつかさどる部分とあくびの伝染に関わる部分が重なっていることも研究で解明されており、つまりあくびとは「感情移入の程度を表している」と言えます。

あくびで人との関係の深さや信頼関係が判断できるかもしれませんね。
皆さんもこれからはあくびに気をつけましょう…


スポンサードリンク











×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。